夏のかゆみ止め薬「ムヒ」メーカー、冬には何をやっているのか

夏のかゆみ止め薬「ムヒ」メーカーが、夏には何をやっているのか、
ということがネットに書いていました。

「冬にもMUHI」っていうCMが今、流れてるんですか?
よく知らないんですが、冬にムヒというのも意外ですね。


このムヒのメーカー、池田模範堂さんですが、

現在は、ひびわれにヒビケア・かゆみ肌にムヒソフトと、
冬に販売する商品があるので、一年中商品があるのですが、

以前は、夏のかゆみ止めのムヒだけだったので、

冬場はなんと、なにもすることがなかったので、
冬場は機械の整備や掃除ばかりだったそうです。

池田模範堂100年の歴史のうち、80年くらいは夏だけ稼働だったというので、
なんとももったいない・・・気がします。

しかも、会社として、従業員は正社員で、という方針だったようで、
冬場も正社員が働くわけです。

工場ラインも、夏には止まっているので
止まってる夏〜冬に向上を動かすために商品開発を、となったようです。

そして商品開発として、
ムヒ→かゆみ→冬のかゆみ

となったようです。


それまでは、「虫刺され」のムヒだったのが、
それからは、「かゆみを科学するムヒ」になったとのこと。

言葉にすると、簡単ですが、
それまで「虫刺され」を言っていたのが、
会社の方向転換をするわけですから、大変だったでしょうね。

でもその甲斐あって、ヒビケアやムヒソフトも売れているようです。

現在は、デリケアなんかもありますね。


やはり会社も、生き残っていくためには、
良いところは残しつつ、新しいことにも取り組んでいかなければ、
生き残っていけないのでしょうね。
posted by ゆずき332m | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
柚希の日記」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。